2017年07月23日

韓国の部活

こんにちは!国際総合政策学部3年大石です。
韓国に来て5ヶ月経ち、韓国の生活にもやっと慣れてきました。今は夏休み期間です。毎日語学堂に通いつつ韓国語の勉強を続けています。

さて、今回は私が入部した部活について紹介していきたいと思います。

image.jpeg

「サムルノリ」をする部活に入りました。サムルノリは韓国の伝統的な音楽で、太鼓を叩いて演奏する楽器です。古来、農民が大変な収穫時に気分を盛り上げるために演奏したそうです。

日本人は私1人だけです。まだ韓国語に自信がなく、入部して大丈夫か不安でしたが、みんな暖かく迎えてくれました。日本に留学経験のある韓国人の学生もいてサポートしてくれています。


9月に公演会があるため、週3日5時間の練習をしています。思っていたよりも大変で、手が痛くなりリズムを覚えるのに苦労しました。
サムルノリは難しいのですが、みんなと音を合わせる感覚がとても楽しいです。たくさん練習し、9月の公演会成功させたいと思います。

image-4635b.jpeg

これはサムルノリで使う帽子です。
韓国人の友達はこれをかぶり首を回して踊ります。とても難しいみたいです。

更新が遅れてしまいましたが、また随時書いていきます。
【関連する記事】
posted by 日大国際留学生 at 10:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サムルノリという楽器は初めて知りました。韓国の学生と一緒に作り上げるという経験はなかなか出来ないと思いますので、公演を是非成功させていただきたいと思います。勉強との両立も大変だと思いますが、これからも頑張ってください。応援しています。
Posted by 国際教育センター at 2017年09月06日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: